働きながらでも学ぶことができる

大学進学率は50%を超えている

現在、大学進学率は50%を超えています。この要因は何かというと、日本は学歴社会だからになります。大学を卒業しないと有名な企業に就職できないので、多くの人が大学進学をしています。ただ、大学は費用がかかるので、進学せずに就職している方もいます。そういう方にアドバイスがあります。それは通信制大学で学ぶことになります。通信制は通う必要がないので、働いている人でも大学を卒業することができます。高卒と大卒では生涯年収が結構異なるので、通信制大学を卒業して、良い企業に入るべきです。

通信制大学の特徴は何か

通信制大学はどういう特徴があるかを見ていきます。まず、費用が少ない点になります。普通の私立大学は年間100万円は少なくともかかってしまいますが、通信制の場合は20万円から60万円くらいと安く設定されています。施設を使わない分、安く抑えられています。また、入学のハードルが低いという特徴を持っています。相当学力が低い人でなければ入学することができると思われます。ただ、卒業に関してはハードルが高いです。卒業率は平均で10〜20%になっています。

どういう通信制大学を選ぶべきか

通信制大学もいろいろあるので、どこを選んだらいいか分からない方がいるはずです。そこで、どういう学校を選ぶべきかについて紹介します。選び方として1番は学習サポートが充実しているところを選ぶべきです。自分で学習を進めていく必要があるので、学習サポートが不十分だと卒業するのが大変です。Web講義などが充実している通信制大学を選ぶことがベストな選択です。費用が安いという理由だけでなく、他の面も考えた上で選んでください。

日頃から働いたりしないといけなく、それでも大学に通いたい人も中にはいると思います。そんな人は通信制大学に通うことをおすすめします。