補償内容を確認します

必要な補償を選択します

火災保険の選び方で重要なことは、必要な補償が確保されている商品を契約することです。近年は台風や大雨による水害が増加していますので、平地にある一戸建て住宅の場合には水災の補償が不可欠になります。一方で、高台にある住宅やマンションの高層階の居室の場合で水害のリスクがないときには水災の補償は不要になります。水災の補償の有無で保険料は大幅に異なりますので、火災保険の契約では必要な補償内容を十分に確認しなければなりません。

自然災害への幅広い備えが必要です

水災の他にも温暖化による天候不順などの影響で台風や突風による風災、雹や竜巻による被害、大雪による被害などにも備えられる補償があることも確認したいものです。火災保険は火災だけに備える保険商品ではありません。地震保険への加入も不可欠であると言えます。地震保険は火災保険に付帯して加入するもので、地震、噴火、津波などに備えることができます。日本は地震が多い国であって、本年も熊本地震が発生しており、必要性が高まっています。

類焼損害の補償も必要です

日本には失火責任法がありますので、火災によって隣家に類焼した場合であっても、故意と重過失の場合を除いて隣家に対する賠償責任は生じません。通常の過失による類焼で隣家に対する法的な民事上の責任は負わないのです。しかし、隣家に損害を与えてしまうと、道義的な責任はありますし、その損害を賠償しなければ、その地に住み続けることが心理的に難しくなることも少なくありません。隣家を類焼させた場合の隣家の損害も補償する火災保険が有効です。

家を建てたら必ず火災保険に加入してください。自分たちが火事に気をつけていても、もらい火の可能性があります。もらい火は出火元の責任にはならないので、火災保険で備えておくべきです。