学校での学び方の違い

通信制でも専門分野で学べる

専門分野の高校に転入や入学したいものの、家庭の事情などによって難しい場合には、通信制高校への入学も適しています。その道を極めるため、例えば、昼間に専門分野に触れる目的でアルバイトを行い、夜間に高校や自宅で勉強するなどのWワークが可能です。通信制高校の中には、自宅にいながらスクーリング受講が可能となるメディア授業が提案され、スクーリングに掛かる費用や時間の負担を軽くすることで学生一人一人のペースでしっかり学べるメリットが得られる内容です。

実践的な技術を身に付ける

通信教育でも専門分野の高校同様、スキルの差が生じない授業が提案されています。例えば、一回が動画授業・確認テスト・質疑応答で構成されていたり、専門性が高い内容には確実な理解を得る目的で、担当教員に直接インターネット上で質問ができます。また、自宅学習では理解が難しい科目や実践的な技術を習得する科目については専門分野の高校での学びが優れているものの、教員が直接授業を行うスクーリングが実施されていることで実践的技術を確実に身に付けられます。

即戦力となれる経験を作る

専門分野の高校でも現場に立って腑に落ちない経験は問題視されています。様々なバックグランドを持つ学生の場合、知識や技術に加えて経験が現場で活かせるのが魅力です。学ぶ内容が実体験に直結するため、アルバイトを行いながら専門性を広げることが将来、即戦力とした活躍に繋がっています。アルバイトを禁止する高校は多く、専門学校では時間の余裕がないケースも指摘されています。通信制はアルバイトと学業が両立できるため、経験を積みながら卒業が可能です。

通信制高校では、毎日学校に通うことなく、高校を卒業をすることができます。ただし、面談などといった必要な時には、学校へと赴く必要があります。