相続税の相談をする2つの方法

知り合いに税理士がいない場合

相続税の相談を税理士にしたいけど、知り合いに税理士がいないという方はどうすればいいのでしょうか。税理士に相続税の相談をすることで、その方に最も適した節税対策を取ることができます。相続税改正により基礎控除額が減少しており、今や一般家庭でも節税対策は必要です。知り合いに税理士がいない方は、2つの方法で最も適した節税対策を把握できます。1つ目の方法が無料相談会を利用すること、2つ目の方法が税理士会に相談することです。

無料相談会を利用しよう

法テラスや自治体の相談会は、無料で実施されています。電話で相談できるほか、決まった日程で直接専門家に相談可能です。相続税の基本知識を教えてくれるため、疑問や不安を解消することが可能です。また、税務署でも無料で相談に乗ってくれます。率先して節税対策を教えてくれることはありませんが、ある程度の税金の知識がある方に適しています。詳細な質問することで、相続税が発生するかどうかを明確に税務署職員が教えてくれます。

税理士会で紹介してもらえる

税理士に相談したい場合には、税理士会にまずは相談するといいでしょう。各県にある税理士会には、その県で事務所を構えている税理士が全て登録しています。相続税に強い税理士を紹介してくれるため、知り合いに税理士がいなくとも大丈夫です。相続税の税理士相談は、初回は無料であることが一般的です。気軽に相談できるため、対応が丁寧かフットワークは軽いかなど確認することをおすすめします。また、美術品や山林、非上場株式を保有している方は、きちんと評価する能力を持っているかも確認する必要があります。

相続税の税理士を短時間で見つけたいならポイントがあります。相続問題に詳しい税理士をピンポイントで探す方法がおすすめです。